Surfar nu: 608 www.apg29.nu

沈黙のイエス - 神の声を殺した男 - パート6

ローマの兵士

ハンス・ヤンソン、ウプサラ 

ヘロデ・アンティパスは、聖書の物語の中で、再び私たちを満たしています。この時間は、彼がイエスの前に立っています。その後、バプテスマのヨハネの斬首以来3年でした。

聖書は、彼の弟子たちは彼の体の世話をしたし、それを埋めていることを教えてくれる。しかし、洗礼者ヨハネの精神が栄光の空に移しながら落ちて人類のために救いの神の計画を続けました。ヨハネは救い主としてイエスを表示する彼らの使命を果たしていました。そして今来、イエスは彼の公共省にありました。

神の手で楽器であることをもらうジョンのように、それと同じくらい大きなものはありません。そして、一度その使命を終えて言うだろうクライアントを満たしていました。

「よくやった、良い忠実なしもべ:あなたの主の喜びに入り、「1。どのように空と無意味な、しかし、この現世の生活のためにだけ住んでいた人のために。そうでない場合は、神の意志でと良いポジション、キャリアと富は彼の人生に彼の祝福を持っていると何が役立ちます。

イエスは一度質問を:どのようなそれが全世界を獲得し、自分の魂を失う人が利益んセカンド?同様に、それはヘロデ・アンティパスのためでした。この空虚は、彼は確かに彼は彼の人生の中で神の声となっている人の死刑判決を顕著にその日の夕方、すでに知っています。しかし、人類のために神の意志を停止することができませんでしたが、それがさらに求めました。ヘロデ・アンティパスは、イエスのことを聞いたときと彼の作品は、人類のために救いの彼の計画では、神の次のステップでした。

イエスは、後に死からよみがえられ、天に持ち帰るとき、イエスの弟子たちは右の私たちの時間に人々に神の言葉を伝えることで、神の霊を続けました。したがって、この論文は、救いに神の言葉を伝えたいです。イエスはヘロデ・アンティパスの前に来た時、イエスは私たちの救いのために十字架上で彼の人生を与える前に立っていました。3年しるし、不思議と神の言葉を説教して働いた後、彼は迫害者の手を与えました。彼は私たちの罪のための贖いの犠牲になるために時間が続きました。彼はユダヤにおける総督ピラトの前に撮影されました。

ピラトは、イエスはガリラヤからあったと聞いたときしかし、彼はガリラヤのtetrarchあったが、一時的にエルサレムに住んでいたヘロデ・アンティパス、に彼を送りました。聖書は、ヘロデが長いイエスに会いたいと思っていたことを言うとき。イエスは彼にそれをやらせるかのように思えません。ヘロデは、イエスがヘロデがガリラヤ支配のほとんどをしたが、イエスは、イエスを見ていないように見えたことを、これらの3年間でした。

ヘロデはルークのイエスの最初の時の作品についての噂を聞いていた場合でも、 『ヘロデはイエスを見てみたかった。』という彼の福音を語る3

彼は最終的には、3年はイエスに会う機会を持つことになります後にするときと、ルークは同じ言う:「ヘロデはイエスを見たとき、彼はとても幸せでした。彼は彼について聞いていたので、彼は長い間、彼に会いたいと思っていたし、彼は今、彼が何かの文字を行う見ることを望んだ。「4

しかし、その後、何かが変な起こりました。ヘロデはイエスに多くの質問を尋ねたが、イエスは、ヘロデ・アンティパスではないと述べました。おそらく、彼はそれに言うために神の言葉を完了何もなかったので、彼は彼に神の声となっている人を殺したことを彼の心を硬化。

しかし、その時ヘロデは明らかに彼はイエスは黙っていたことを悲しむようにとても硬くなっていました。その代わりに、彼は彼を嘲笑し、彼の楽しみを作りました。その質問に対する回答を取得する必要がもはや緊急に必要ではなかったです。しかし今、イエスのために軽蔑に彼の心を回しました。聖書は、彼と彼の兵士たちが軽蔑してイエスに応答したことを教えてくれる。彼らは愚かなローブで彼を着てピラトに戻って彼を送りました。

心配は神の声にされていないので、多くの場合、事実をförhärdelsen沈黙されます。一方、まだ神のケアに数えることができる内部の静粛性を保証します。

それはルークのこの文脈で少し奇妙な通路です。これは、このようにヘロデとピラトは、イエスの十字架のために現れたその日に、彼らはお互いに友達になったと述べています。以前は、それらの間の敵意がありました。

悪魔の取り巻きは、永遠の世界でそれらを降りかかる1日の判断を考慮せずに、互いに支援を求めます。ヘロデ・アンティパスは、検索時間があったので、それは私たちのそれぞれとです。しかし、かつて神の呼び出しの声を沈黙。私たちの生活の炎が消えたときにできるだけ頻繁に遅れます。そして、執行猶予が続く間、私たちは神の通話音声にyesと言っていることが重要です。

死後、のために悔い改めする方法はありません。したがって、我々は慎重に、次のsångtexts訓戒を検討する必要があります。「手遅れになったら、あなたはメンターことはありませんけれども。あなたは、イエスが、私の友人が、その後、裁判官も満たしています。神を満たすために準備をしなさい、神を満たすために準備します。あなたは永遠に行く失われないように、神を満たすために準備します。」

注:1)Mt.25:21、23 2)Mark.8:第36回 3)Luk.9:9。4)Lk.23:8-9; 12。


ハンス・ヤンソン、ウプサラ

Apg29.nu以外で作られています記事や動画は、ブログサイトが共有していないビューを有することができます。


submit to reddit


Vill du bli frälst?

Ja

Nej


Publicerades torsdag 1 januari 1970 01:00 | | Permalänk | Kopiera länk | Mejla

2 kommentarer

SH Mon, 14 Jan 2019 19:12:51 +010

Vill tacka för denna undervisning! Tror att en gammal Herrens tjänare skrivit det här.
Det vilar Guds Ande över denna förkunnelse. Tack Jesus!

Svara


Leif Mon, 14 Jan 2019 22:06:55 +010

Svar till SH.

Ja, Hans är en mycket stark förkunnare. Jag fick äran att lyssna till hans fantastiska predikan när han ett litet tag bodde här, och är mycket glad över att haft den förmånen.

Svara


Din kommentar

Första gången du skriver måste ditt namn och mejl godkännas.


Kom ihåg mig?


Prenumera på Youtubekanalen:

Vecka 25, torsdag 20 juni 2019 kl. 15:08

Jesus söker: Linda!

"Så älskade Gud världen att han utgav sin enfödde Son [Jesus], för att var och en som tror på honom inte ska gå förlorad utan ha evigt liv." - Joh 3:16

"Men så många som tog emot honom [Jesus], åt dem gav han rätt att bli Guds barn, åt dem som tror på hans namn." - Joh 1:12

"Om du därför med din mun bekänner att Jesus är Herren och i ditt hjärta tror att Gud har uppväckt honom från de döda, skall du bli frälst." - Rom 10:9

Vill du bli frälst och få alla dina synder förlåtna? Be den här bönen:

- Jesus, jag tar emot dig nu och bekänner dig som Herren. Jag tror att Gud har uppväckt dig från de döda. Tack att jag nu är frälst. Tack att du har förlåtit mig och tack att jag nu är ett Guds barn. Amen.

Tog du emot Jesus i bönen här ovan?
» Ja!


Senaste bönämnet på Bönesidan
torsdag 20 juni 2019 08:17

Bed att Amanda börjar söka Gud och får möta Jesus till frälsning, hon fick en hänvisning till en kristen sida med olika livsberättelser om möten med Jesus,
bed hon börjar läsa detta.

Aktuella artiklar


Senaste kommentarer


STÖD APG29! Bankkonto: 8169-5,303 725 382-4 | Swish: 070 935 66 96 | Paypal: https://www.paypal.me/apg29

Christer Åberg och dottern Desiré.

Denna bloggsajt är skapad och drivs av evangelisten Christer Åberg, 55 år gammal. Christer Åberg blev frälst då han tog emot Jesus som sin Herre för 35 år sedan. Bloggsajten Apg29 har funnits på nätet sedan 2001, alltså 18 år i år. Christer Åberg är en änkeman sedan 2008. Han har en dotter på 13 år, Desiré, som brukar kallas för "Dessan", och en son i himlen, Joel, som skulle ha varit 11 år om han hade levt idag. Allt detta finns att läsa om i boken Den längsta natten. Christer Åberg drivs av att förkunna om Jesus och hur man blir frälst. Det är därför som denna bloggsajt finns till.

Varsågod! Du får kopiera mina artiklar och publicera på din egen blogg eller hemsida om du länkar till sidan du har hämtat det!

MediaCreeper

Apg29 använder cookies. Cookies är en liten fil som lagras i din dator. Detta går att stänga av i din webbläsare.

TA EMOT JESUS!

↑ Upp