Surfar nu: 457 www.apg29.nu


水の泡になった無神論者

ホルガー・ニルソンにより、

継続的な旅 - サイモンÅdahl

無神論者と彼の拒否が水の泡に来ている魅力的なイベントをお読みください。

ここでは、旅を続けると題しサイモンÅdahlによって新しい本からの段落を共有しています。

神の力を満たすようになった無神論者。問題を抱えた男は聖霊の賜物についてのセミナーの日に彼に提示されたすべての批判的でした。彼は、私たちがフィンランドで訪れた会衆のメンバーだった彼の妻、多かれ少なかれ、あなたの翼でした。議会のメンバーは、すなわち、それぞれ、セミナーの不信の知人や友人を招待するために割り当てを受けていました。

私は、ÖrjanArmgren、長年にわたって国の教会で私と一緒に旅してきた私の隣人、そしてBERTIL Dolfenと一緒にいた伝道基金に積極的かつ強力に「普通」の人が集まる場所にスウェーデンでイエスのメッセージを広めるために燃え、このように、場所でどこの教会というメッセージが頻繁に届きません。私とÖrjanはあなたが日常生活の贈り物、見知らぬ人への預言挨拶を話すときに起こる変換し、変更を使用するときに何が起こるかを伝えることから始めました。

私たちのパスポートが終わったときには、コーヒーブレイクのための時間でした。私は次の少なくとも言う、懐疑的な人間になってしまいました。彼は幸せではなかったです。「私の妻は私にとって予想外の旅あなたの本を読んでいます」。彼はつぶやきました。「それは純粋な絵本です。あなたはそれをすべて作ってきました!「私はほとんど彼の気管に私のコーヒーを入れました。「本当に?」私は答えました。「しかし、本の中で、私は友人や親戚に言及します。彼らは絵本にあった場合、私はその後、お湯でそれはかなり持っていないでしょうか?彼らはそれを受け入れることはない!「これが私の隣人を説得しませんでした。「私は本の中で一つの言葉を信じていない」と、彼は上のぶつぶつ。「私は科学を信じています!」

私は守勢に終わりました。「彼らは真であるか、ないものを伝えることができるので、私は本にしているこれらの人々のいくつかを呼び出す必要があります?」私が試してみました。男は首を横に振りました。「いいえ、私は本の中で一つの言葉を信じていません。」私たちの共通のコーヒーブレークはやや緊張した、とすぐ、私は私のコップから飲んだとして、私は私で行き、会社のために感謝しました。どのような厄介なコーヒーブレイク、私は思った、と次のパスのために教会に行ってきました。今では病気のために祈りについて教えるためにBERTILの番でした。彼はステージに上がったし、質問を:「?病人のために祈る方法を学びたい方、あなたのいずれかがあり、」多くの人が来ました。主に若い人たちは、試してみると、病人のために祈ることを学ぶことに熱心でした。

一度執り成すがステージの前に立ったすべてのボランティアはBERTILを尋ねた:「我々は、これを練習しなければなりません。病気や病気に苦しんでいる観客の誰もがありますか?私たちは、あなたが祈りでこれをテストする必要があります。「人々の長い列は、教会の通路に並んで立っていました。

私は彼の妻と一緒にそこに立って懐疑的な男を見たときに私の驚きを想像してみてください。彼は私の方向に見て、私は私の第2、彼のにやにや笑いの割合で、キャッチ。彼は意図かのようでした:のは、自分の信念をのために行くされているか見てみましょう!私は自分自身に微笑んで神に静かにささやいた:「彼はおよそで今日になります何のためにあなたにイエスをありがとう!」

男は彼を求めるだろう二人の若い人たちに来て、はっきりと言った:「私は何年もリンプています。私の1つの腱が短すぎます。医師は、この問題を解決することができていない!「男は、彼がどのように悪い示した、と彼はしばらくの間、前後にリンプ。彼は明らかに悪いことが彼と一緒にいたかを証明したかったです。

若者の一つは言った:イエスの名で」、彼らは人間の足に手を伸ばして言った、「今、私たちは神が腱を癒してくれることを祈ります」。良いこと!「」今、いくつかを取得してみてください!「彼らは人にそして言いました。彼は教会の通路に通い始めました。跛行なし!彼は、さらに下に少し滞在したワイドオープン、さまよう目で振り向くと、部屋の中を見つめていました。

視線は恐怖と驚きの両方を含んでいました。彼は先に行き、彼が停止しました。彼はなって、この時間より早く、戻って歩きました。彼は一時停止しました。総驚きは完全に彼の顔全体をライトアップ。急いと教会の通路の下、彼は停止し、彼の手の中に顔を隠しました。彼は偉大な泣きました。彼の妻は彼の救助に駆けつけ、彼を抱きしめ。「そして、私は一度に私の坐骨の痛みを処分した!」彼女は叫びました。彼らはそこに立っていたし、お互いを抱きしめ。私は笑って、喜びで応援しました!「あなたたちは空の言葉や教義が付属していません。イエスをありがとうございます。私たちは施行せてくれてありがとう!「私は自分自身に言いました。男は姿を消しました。彼は教会を去り、彼はどこに行った私は、彼の妻に尋ねました。「彼は散歩に出かけた!」私は笑って始めました。当然、あなたはあなただけの跛行の問題点の年から癒されてきた場合には散歩に出かけたいです。私はより多くの人を見たことがないが、私は彼がセミナーの日の後、彼の妻に言ったことを、今日のだろうか。

イエスは、今日、彼は両方の全体を望んで表示され、保存すること - にも無神論者!


ホルガー・ニルソン

www.flammor.com

Apg29.nu以外で作られています記事や動画は、ブログサイトが共有していないビューを有することができます。

Tack för att du läser Apg29. DELA gärna till dina vänner. Du kan också stödja Apg29 genom att sätta in en valfri GÅVA på BANKKONTO 8169-5,303 725 382-4. På internetbanken går det att ställa in så att du automatiskt ger en summa varje månad. Men om du hellre vill kan du SWISHA in en frivillig summa på 070 935 66 96. Tack.


Vill du bli frälst?

Ja

Nej


Publicerades torsdag 1 januari 1970 01:00 | | Permalänk | Kopiera länk | Mejla

1 kommentarer

Lena Henricson 29/10-2018, 22:32

Underbart! Tack JESUS! 🎶👆🎶💕🎶

Svara


Din kommentar

Första gången du skriver måste ditt namn och mejl godkännas.


Kom ihåg mig?

Din kommentar kan deletas om den inte passar in på Apg29 vilket sidans grundare har ensam rätt att besluta om och som inte kan ifrågasättas. Exempelvis blir trollande, hat, förlöjligande, villoläror, pseudodebatt och olagligheter deletade och skribenten kan bli satt i modereringskön. Hittar du kommentarer som inte passar in – kontakta då Apg29.


Prenumera på Youtubekanalen:

Vecka 38, måndag 16 september 2019 kl. 08:44

Jesus söker: Dag, Daga!

"Så älskade Gud världen att han utgav sin enfödde Son [Jesus], för att var och en som tror på honom inte ska gå förlorad utan ha evigt liv." - Joh 3:16

"Men så många som tog emot honom [Jesus], åt dem gav han rätt att bli Guds barn, åt dem som tror på hans namn." - Joh 1:12

"Om du därför med din mun bekänner att Jesus är Herren och i ditt hjärta tror att Gud har uppväckt honom från de döda, skall du bli frälst." - Rom 10:9

Vill du bli frälst och få alla dina synder förlåtna? Be den här bönen:

- Jesus, jag tar emot dig nu och bekänner dig som Herren. Jag tror att Gud har uppväckt dig från de döda. Tack att jag nu är frälst. Tack att du har förlåtit mig och tack att jag nu är ett Guds barn. Amen.

Tog du emot Jesus i bönen här ovan?
» Ja!


Senaste bönämnet på Bönesidan
söndag 15 september 2019 23:57

Be läkedom för mig så att en fettsamling på halsen Gud tar bort, att de illasinnade som förföljt mig, ovärdigt, ojuste förfördelats pga fasansfull, rykte, förlöjligat mig i slutna rum men också öppet


Morsan reklam


Aktuella artiklar


Senaste kommentarer


STÖD APG29! Bankkonto: 8169-5,303 725 382-4 | Swish: 070 935 66 96 | Paypal: https://www.paypal.me/apg29

Denna bloggsajt är skapad och drivs av evangelisten Christer Åberg, 55 år gammal. Christer Åberg blev frälst då han tog emot Jesus som sin Herre för 35 år sedan. Bloggsajten Apg29 har funnits på nätet sedan 2001, alltså 18 år i år. Christer Åberg är en änkeman sedan 2008. Han har en dotter på 13 år, Desiré, som brukar kallas för "Dessan", och en son i himlen, Joel, som skulle ha varit 11 år om han hade levt idag. Allt detta finns att läsa om i boken Den längsta natten. Christer Åberg drivs av att förkunna om Jesus och hur man blir frälst. Det är därför som denna bloggsajt finns till.

Varsågod! Du får kopiera mina artiklar och publicera på din egen blogg eller hemsida om du länkar till sidan du har hämtat det!

MediaCreeper

Apg29 använder cookies. Cookies är en liten fil som lagras i din dator. Detta går att stänga av i din webbläsare.

TA EMOT JESUS!

↑ Upp