Surfar nu: 680 www.apg29.nu

結婚への攻撃 - パート1 - ホルガー・ニルソン

私たちの時代では結婚に大きな攻撃を行きます。最も深い意味では、その背後にある神の敵です。

まず、神が創造の朝に設立され、男性と女性の間で結婚は:"そのため男はその父母を離れなければならないと彼の妻に切断し、そして、彼らは1肉になるものとします。" 1出エジプト記を。2時24分。

聖書では、神の敵は常に神が作成され、定められたものを破壊したかったことがわかります。だから、結婚しています。

それは完全に自然であることを考慮すると、少なからずキリスト教の結婚は悪​​魔の攻撃の焦点です。彼は神avsvurne敵とすべての信者相手の子です。これらの最後の日に透けて見えるために特別な方法でこの意志。聖書の最後の本で見予言の説明:

「女性に対する彼の怒りでは、彼女の種子の残りとの戦争を行うために離れて凧を行って神の戒めを守り、イエス・キリストの証言を持つ者。それらの"アップ。午前12時17分。

竜は悪魔のための聖書の用語であり、女性がイスラエルを表します。これは、イエス・キリストの証言を保持する人たちに言及し、それは明らかに信者です。

そこで我々は、最後の日で、OTの契約の民、ユダヤ人、遺言人、キリスト教徒の両方に対する攻撃が存在することを確認することができます。

神の選民二人に対するこれらの攻撃は、私たちの時代に明確になってきています。症状の一つは、悪魔が結婚を破壊するために使用するツールで、キリスト教の結婚にだけ攻撃をしています。

10年前、私たちはそのようなケースを記述することができる、約他の証言もあります。彼女は飛行機で旅したときに私たちが書いたことは牧師の妻の経験でした。飛行機が昼食を務めた上で牧師の妻の隣に座った女性は、彼女が断食ので、彼女は食べ物を持っていないと言っているとき。クリスチャンの女性は、興味となり、彼らはお互いに話を始めます。そして、彼女はクリスチャンの結婚が破壊されるだろうとの方向で水曜日に断食させ、他の女性を説明します。他の人がクリスチャンの結婚が崩れるために悪魔崇拝者が祈っや断食する方法を点灯しているが。
これは、我々は、第2から2002に書いています。

神はまた、預言、これらの攻撃のための彼の人々を警告しています。今日の世界、3月9日にはラースニレーン、離婚を回避するために家族をサポートするために働く家族リビング組織のリーダーはこう書いています:

「ライブ家族が預言の言葉の後を含め、1997年にその作業を開始しました: - remarriagesの波する「Detは7-8年前にスウェーデンkristenhet.`上で離婚の波をラップで、神は第二波について話します。同じ人が同じ教会で礼拝で、新しいパートナーとなりました座っています。キリスト教世界は、最初の波に対処するための低準備を持っていたし、他の。 "終了引用符のためにさらに少ない調製しました。

今すぐ立ち上がって、結婚に悪魔の攻撃に抵抗するための時間です!失う日はありません。大規模な上昇精神的な準備は、より多くの離婚を防ぐことができるがあります。

我々は彼に、お互いへの転送で、主の前に祈りの日々の時間を割いて、最も重要なことは、忠実な配偶者が一緒に祈ることであると信じています。

そして、あなたがいないだけで結婚に2つありますが、3、イエス・キリスト私たちの救い主とプロテクターは関係の中心にあります。彼はそこになりたがっている、それは素晴らしい祝福とこのように彼らの結婚を構築するための強さです。これに聖書適用は伝道の書4時12です。

孤独を克服された場合」、2は抵抗することができます。そして、三重の撚りコードは容易ではありません。」

精神的なコミュニティを持っている人が一緒に結婚でより良い関係を持っていることを確認した研究もあります。このような全国調査によって行われ、一緒に祈る見出しカップルで公開されていましたように、一緒に滞在し、次のように述べています。

「結果の1つがクリアされて、家は、祈りと聖書研究などの活動を持っているカップルの愛情関係を持っている可能性が高いということです。」

 
祈り - 結婚するための最良の保険。


 
ホルガー・ニルソンwww.flammor.com

Tack för att du läser Apg29. DELA gärna till dina vänner. Du kan också stödja Apg29 genom att sätta in en valfri GÅVA på BANKKONTO 8169-5,303 725 382-4. På internetbanken går det att ställa in så att du automatiskt ger en summa varje månad. Men om du hellre vill kan du SWISHA in en frivillig summa på 070 935 66 96. Tack.


Vill du bli frälst?

Ja

Nej


Publicerades torsdag 1 januari 1970 01:00 | | Permalänk | Kopiera länk | Mejla

0 kommentarer

Din kommentar

Första gången du skriver måste ditt namn och mejl godkännas.


Kom ihåg mig?

Din kommentar kan deletas om den inte passar in på Apg29 vilket sidans grundare har ensam rätt att besluta om och som inte kan ifrågasättas. Exempelvis blir trollande, hat, förlöjligande, villoläror, pseudodebatt och olagligheter deletade och skribenten kan bli satt i modereringskön. Hittar du kommentarer som inte passar in – kontakta då Apg29.


Prenumera på Youtubekanalen:

Vecka 37, söndag 15 september 2019 kl. 16:29

Jesus söker: Sigrid, Siri!

"Så älskade Gud världen att han utgav sin enfödde Son [Jesus], för att var och en som tror på honom inte ska gå förlorad utan ha evigt liv." - Joh 3:16

"Men så många som tog emot honom [Jesus], åt dem gav han rätt att bli Guds barn, åt dem som tror på hans namn." - Joh 1:12

"Om du därför med din mun bekänner att Jesus är Herren och i ditt hjärta tror att Gud har uppväckt honom från de döda, skall du bli frälst." - Rom 10:9

Vill du bli frälst och få alla dina synder förlåtna? Be den här bönen:

- Jesus, jag tar emot dig nu och bekänner dig som Herren. Jag tror att Gud har uppväckt dig från de döda. Tack att jag nu är frälst. Tack att du har förlåtit mig och tack att jag nu är ett Guds barn. Amen.

Tog du emot Jesus i bönen här ovan?
» Ja!


Senaste bönämnet på Bönesidan
söndag 15 september 2019 07:25

Bed för Cancersjuka Rebecka att hon får rätt hjälp för sin cancer och det NU. Bed till Jesus om ett helande. Tack alla ni som ber. Herren välsigna er.


Morsan reklam


Aktuella artiklar


Senaste kommentarer


STÖD APG29! Bankkonto: 8169-5,303 725 382-4 | Swish: 070 935 66 96 | Paypal: https://www.paypal.me/apg29

Denna bloggsajt är skapad och drivs av evangelisten Christer Åberg, 55 år gammal. Christer Åberg blev frälst då han tog emot Jesus som sin Herre för 35 år sedan. Bloggsajten Apg29 har funnits på nätet sedan 2001, alltså 18 år i år. Christer Åberg är en änkeman sedan 2008. Han har en dotter på 13 år, Desiré, som brukar kallas för "Dessan", och en son i himlen, Joel, som skulle ha varit 11 år om han hade levt idag. Allt detta finns att läsa om i boken Den längsta natten. Christer Åberg drivs av att förkunna om Jesus och hur man blir frälst. Det är därför som denna bloggsajt finns till.

Varsågod! Du får kopiera mina artiklar och publicera på din egen blogg eller hemsida om du länkar till sidan du har hämtat det!

MediaCreeper

Apg29 använder cookies. Cookies är en liten fil som lagras i din dator. Detta går att stänga av i din webbläsare.

TA EMOT JESUS!

↑ Upp