Webb-TV | Frälsningskandidater NY | Bönesidan | Själavårdssidan NY | Sök | Kontakt
Surfar nu: 941 www.apg29.nu


望ましくない - パート20

不要

不要な子供としての私の子供時代の悲惨な物語の続き。

私の教室では、私がTorpaの学校に行ったとき、私は持っていた私の古いクラスメートの教室の作品でした。私は横長の建物の一角に文字通りで終わっている間彼らは高校の建物の真ん中に終わっていました。古いクラスに取得するには、私は長い廊下の途中に行くと、右に回す必要がありました。私が時々やったことが起こりました。 

ある時、私は、クリスチャンに会ったことは、私が数年早く、学校の射撃との戦いに起こった男でした。私たちはについて話しましたが、それは友好的だったか覚えていません。私たちはベンチで凹部で他の学生の群衆の中でそこに話をした電源、学校のロッカーやジャケットは突然女の子が私のところに来て、と言います。

「あなたは脂ぎった髪を洗うことができますので、あなたは自宅で任意のシャワーを浴びていないことがありますか?」 

私はショックを受けたと言うことかわからなかった、とだけで静かでした。クリスチャンは、彼は申し訳なオフ笑っしようとしたとき、彼が言うかわかりませんでした。女の子は、合意されたので。私は彼女が誰知らなかったが、それは私にとって非常に苦痛でした。 

私は脂肪と脂ぎった髪に苛まれたので、それは私を傷つけます。それのための救済策は、私はより多くのシャワーまたは少なくともより頻繁にそれを洗うことを知っていたが、私は私の養母のためにありませんでした。すぐに私はシャワーを浴びたり、私の髪を洗うしたかったように、私はそれを取得できませんでした。私はシャワーを取ることができなかったと私は私の脂ぎった髪の周り歩いていたので、私は学校で苦しめられたので、私は自宅で苦しみました。私は問題を抱えたし、それに悪い感じ、私のすでに低い自尊心でも、より多くの不確実と落ち込んとなりました。 

おそらくそれは彼女の貧しい人々の背景の私の養母opsykologiska行動でした。彼女はすべてのものを節約するために学んでいました。この貧困の考え方は、彼女が財政的に裕福だった場合でも、長年にわたって彼女と一緒に行くだろう。彼女は、自身が何かを持っていなかった許されますが、着用や古着に歩き回りました。彼女は、新しい、新鮮な何かを購入する余裕がより多くを持っていたが、彼女はやったことはありません。 

または彼女の行動は、彼女が私の養父のを恐れていたということでした。私は知らないが、彼女は長年にわたってかなり彼によって征服されていました。彼は聞いていなかったとき、彼女は時々、私たちの子供たちに彼女の夫についておもねらない事を言うでしょう。 

私はそれについて考えるとき、彼は彼女については決してそのようなことが、他の一方で、彼は一般決して何で言いました。言葉を言わず、彼は彼の車でどこかに離れて行くことができます。彼がいたか、やったところ私の養母は知りませんでした。その場合、彼女は私たちの子供たちに訴えたが、彼に直接それを言ったことはありません。私は彼らが主張して見たことがないが、この挙動は大きな迷惑でした。それらの間の通信は完全に死んでいた、そしてそれは私が育った、このでした。あなたは、お互いに話を聞いたことはありません。

私の養父は、彼が14歳から行っていたパイプを、吸って、彼は酒には問題がありませんでした。それはウォッカやパントリー内の棚上の他の酒の瓶だったが、彼はそれらのうち、自分自身を飲んだことはありませんが、一度だけで、彼は少しシュナップスを提供し、自宅でゲストがいました。

しかし、今戻って私の脂ぎった髪に。私はこれに悩まされたが、それを解決する方法を知りませんでした。当時の少年たちは、少し長く、私が持っていた髪、。彼らは見えないように、私は私の耳の上に髪を望んでいました。私は複数回大持つと、彼らは明らかに赤だったので、私の「同志」は自分の指で後ろからそれらに平手打ちされたとして耳に突出するためにいじめられていました。しかし、私の髪は、それはきれいではありませんでしたので、とても脂っこいと脂肪だったが、ダウンして、耳の周りにやせたと醜いを掛けているため。ああ、私はやせた髪に苛まれたもの!

それは秋の縁部に向かって寒くなった場合には、学校でのドイツの兄弟を始めました。男の子と女の子。彼らは私のための停留所でバスを踏みます。私はそれらに気づいたとして彼らは私たちスウェーデン人よりも少し違う服を持っていました。少女は長い間、細かい三つ編みを持っていた、と少年は天気が寒くなっていたにもかかわらず、ショートパンツを持っていました。しかし、たとえ彼らはスクールバスでやせた脂ぎった髪と少年を一緒に座ってみたかったです。私は私の隣の席が空いていたことを覚えているが、彼らはバスの後ろに座っていました。私は私がからかわれたので、彼らはMIHとチームに来ないだろうと自身がいじめするので、それは思いました。 

私は六年生を終えたとき、私はお粗末な評価を持っていました。私はそうcowedといじめられたので、Torpaの学校でよく行うために管理することはありません。私の自信が唯一の靴に押されていないが、ありませんでした。そのことを私は離れて私のいじめから得ることができるので、私は、彼らはもう少しゆったりペースを読ん高校で別のクラスに入れました。そして、それは私にとって非常にうまくいきました。私はクラスに非常によく乗ったし、それは私をいじめ私のクラスメートのどれもなかったです。すべては、彼らはいくつか、またはそれらを知るようになったとの社会化されていない場合でも、友人でした。 

また、一度にそれほど一般的ではなかったクラスのいくつかの移民がありました。私たちの残りの部分よりも2歳年上だったレバノンの1つは、トルコからの1とギリシャから1。そこにそれらに問題はなかったと、彼らはいじめも誰。 

私は、後9年生の高校で終わるだろうと、私はクラスで最高だったし、平均で4.7を持っていました。その時、彼らは学校で5点のスケールを持っていました。5位が最高であった一つが、最悪でした。

私をいじめので、それをしなかった他のクラスの学生があった私のクラスの1はありませんでしたが。ステファン、長いガタガタ金髪の少年は、私をいじめるためにタスクに撮影していました。周りのすべての学生がそれを聞くことができるので、彼は私を嘲笑を叫ぶことができました。それは屈辱と恥ずかしかったです。彼はそのようにした理由を私は知りません。それはちょうどそうでした。それは私の多くだったと私はそれで自分自身を提示しました。私は何も知らなかったので、それで育っ最初の瞬間から持っていました。 

私は高校を終えた後、彼はすぐに彼がどこにも私を見たように私を継続し、いじめすることができました。彼はとても行儀なぜ私は理解していませんでした。 

私は私の人生に方向の貧しい人々の感覚を持っていました。学校主催の運動会後のある時点で私は戻ってバスが行くだろう学校への道を見つけることができませんでした。 

私は道にさまよったとき、私は歩いていた私の学校からのいくつかの学生に会いました。私は方向性のためにそれらを頼むことにしました。彼らは私が見てどのように失われたとわからない気づいている必要があります。ほとんどすぐに彼らは私が道であることができなかったので、私をいじめるし、いじめを始めました。彼らはまた、学校の将来に私に電話して来た「ぐったり」私を呼ん。 

しかし、彼らは私が学校に取得するために行くだろう、右rktingenからとにかく指摘しました。私は見つけられませんでしたので、彼らは私に選ぶだろう、なぜ私は理解できませんでした。私はほとんどそれを知っていました。 


望ましくないMY SERIALフォロー
パート 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20   

このシリアル以降子供の頃から私の人生の物語です。私は裸と率直に語ります。多くは、私が以前についてあなたに話したことがありません。物語の中でいくつかの名前は架空のものです。


Publicerades torsdag 1 januari 1970 01:00 | | Permalänk | Kopiera länk | Mejla

5 kommentarer

Per Wed, 06 Feb 2019 23:25:40 +010

Jag vet inte varför han gjorde så

Jag känner igen mig i att vara som en "magnet" och känner hur ondskan manifesteras i olika helt okända människor och liksom automatiskt pendlar in och "ser" sårbara mig.

18 Om världen hatar eder, så betänken att hon har hatat mig förr än eder. 19 Voren I av världen, så älskade ju världen vad henne tillhörde; men eftersom I icke ären av världen, utan av mig haven blivit utvalda och tagna ut ur världen, därför hatar världen eder. 20 Kommen ihåg det ord som jag sade till eder: ’Tjänaren är icke förmer än sin herre.’ Hava de förföljt mig, så skola de ock förfölja eder; hava de hållit mitt ord, så skola de ock hålla edert. 21 Men allt detta skola de göra mot eder för mitt namns skull, eftersom de icke känna honom som har sänt mig. 22 Hade jag icke kommit och talat till dem, så skulle de icke hava haft synd; men nu hava de ingen ursäkt för sin synd. 23 Den som hatar mig, han hatar ock min Fader. 24 Hade jag icke bland dem gjort sådana gärningar, som ingen annan har gjort, så skulle de icke hava haft synd; men nu hava de sett dem, och hava likväl hatat både mig och min Fader. 25 Men det ordet skulle ju fullbordas, som är skrivet i deras lag: ’De hava hatat mig utan sak.’

26 Dock, när Hjälparen kommer, som jag skall sända eder ifrån Fadern, sanningens Ande, som utgår ifrån Fadern, då skall han vittna om mig. 27 Också I kunnen vittna, eftersom I haven varit med mig från begynnelsen.”

Johannes 15:18-27

Det tidigare bibelstycket ger i alla fall mig svaret på varför "de" ser oss som byte.

Ty den kamp vi hava att utkämpa är en kamp icke mot kött och blod, utan mot furstar och väldigheter och världshärskare, som råda här i mörkret, mot ondskans andemakter i himlarymderna.

Efesierbrevet 6:12

Svara


Johanna Thu, 07 Feb 2019 08:14:43 +010

Vilket bra betyg du hade när du slutade 9:an😊. 4,7 det är inte illa det. Skulle du inte ta och plugga vidare, det är aldrig försent att göra det. Du har ju verkligen kapacitet till det.

Svara


Bengt Thu, 07 Feb 2019 12:29:30 +010

Är du också rödhårig Christer ?

Svara


Christer Åberg Thu, 07 Feb 2019 14:45:25 +010

Svar till Bengt.

Nej. Cendrefärgat.

Svara


Bengt Thu, 07 Feb 2019 17:08:15 +010

Jag har inte så mycket hår kvar längre

Men jag blir ju snart 57

Svara


Din kommentar

Första gången du skriver måste ditt namn och mejl godkännas.


Kom ihåg mig?


Prenumera på Youtubekanalen:

Vecka 16, lördag 20 april 2019 kl. 12:19

Jesus söker: Amalia, Amelie!

"Så älskade Gud världen att han utgav sin enfödde Son [Jesus], för att var och en som tror på honom inte ska gå förlorad utan ha evigt liv." - Joh 3:16

"Men så många som tog emot honom [Jesus], åt dem gav han rätt att bli Guds barn, åt dem som tror på hans namn. De som blev födda, inte av blod, inte heller av köttets vilja, inte heller av någon mans vilja, utan av Gud." - Joh 1:12-13

Vill du bli frälst och få alla dina synder förlåtna? Be den här bönen:

- Jesus, jag tar emot dig nu och bekänner dig som min Herre och Frälsare. Jag tror att Gud har uppväckt dig från de döda. Jag ber om förlåtelse för alla mina synder. Tack att jag nu är frälst. Tack att du har förlåtit mig och tack att jag nu är ett Guds barn. Amen.

Tog du emot Jesus i bönen här ovan?
» Ja!


Senaste bönämnet på Bönesidan
lördag 20 april 2019 00:02

Gud låt detta bli en bra helg! Tack!

Aktuella artiklar


Senaste kommentarer


STÖD APG29! Bankkonto: 8169-5,303 725 382-4 | Swish: 070 935 66 96 | Paypal: https://www.paypal.me/apg29

Christer Åberg och dottern Desiré.

Denna bloggsajt är skapad och drivs av evangelisten Christer Åberg, 55 år gammal. Christer Åberg blev frälst då han tog emot Jesus som sin Herre för 35 år sedan. Bloggsajten Apg29 har funnits på nätet sedan 2001, alltså 18 år i år. Christer Åberg är en änkeman sedan 2008. Han har en dotter på 13 år, Desiré, som brukar kallas för "Dessan", och en son i himlen, Joel, som skulle ha varit 11 år om han hade levt idag. Allt detta finns att läsa om i boken Den längsta natten. Christer Åberg drivs av att förkunna om Jesus och hur man blir frälst. Det är därför som denna bloggsajt finns till.

Varsågod! Du får kopiera mina artiklar och publicera på din egen blogg eller hemsida om du länkar till sidan du har hämtat det!

MediaCreeper

Apg29 använder cookies. Cookies är en liten fil som lagras i din dator. Detta går att stänga av i din webbläsare.

TA EMOT JESUS!

↑ Upp