Language

Apg29.Nu

Christer Åberg | TV | Bönesidan | Läsarmejl | Skriv | Media | Info | Sök
REKLAM:
Världen idag

宇宙は神の言葉によって作成されました

彼らはすべての回では、人々は地球が丸いことを信じているという事実

ラウンド地球。

土地の嘘は平らになり信用と嘲笑キリスト教徒たかった無神論者から来ています。だから、嘘は、キリスト教の信仰の反対派から発信しました!この嘘は、このようにいくつかのキリスト教徒は受け入れと受け入れました!


Christer ÅbergAv Christer Åberg
onsdag, 16 oktober 2019 23:49

ご存知のように、私が持っている記事ビデオは私たちの地球が丸いことがわかりました。この必要性は、科学者が理解することはできません。あなただけの明確な夜に外出し、あなたは彼らが世界中に広がることを見ることができます星を見上げています。

トリガーいくつかをすぐに開始し、ほとんど強迫説教をしようとして、あなたはこのテーマを取り上げるときしかし、私たちの残りの部分は平らな大地を信じてもらいます。いつものように、彼らは異端を宣言多くの人々ではありませんが、彼らは信じられないほどの人間を行います。そして、彼らは明らかに行う十分ではない引数が、1つまたは積極的になります。何かが間違っていると不健康なものがあることが明らかになったについては、このです。

一つは、いくつかのキリスト教徒がフラットな地球を信じて(一部のキリスト教徒は確かにそこにある)、それは無実でない場合、それは問題ではないと思うかもしれません。嘘をリリース、あまりにも他のことを聞かせすることは容易です。フラットな地球の支持者は600万人のユダヤ人のホロコーストは、第二次世界大戦中に起こったことを信じていないなど、あります。 

無神論者の嘘

土地の嘘は平らになり信用と嘲笑キリスト教徒たかった無神論者から来ています。だから、嘘は、キリスト教の信仰の反対派から発信しました!この嘘は、このようにいくつかのキリスト教徒は受け入れと受け入れました!

Det var redan på 1800 talet som ateister kom med lögnen om att kristna tror eller har trott att jorden är platt. Du har säkert hört lögnen att kristna medeltidskyrkan trodde på en platt jord och att prästerna varnade Christofer Columbus att resa jorden runt eftersom de var rädda att falla av från den platta jordens kant. Men detta är lögn och kallas för en faktoid. Alltså en lögn som har blivit fakta men som fortfarande bara är en lögn.

Och släpper du in lögner i ditt liv så kan det förvirra din kristna tro så du börjar tvivla på Jesus och kanske tillslut lämnar honom. Detta är alltså mycket farligt. Det är varje villoläras mål att du ska bli förvirrad, börja tvivla så att du lämnar tron på Jesus så att du inte blir frälst.

Predikade en rund jord

中世の説教は多くはラテン語ではなく、方言ではない信じるものに反して行われました。そして説教で、地球の球形の形状を含む、作成スキームを処理しました。

ノルウェーのKonungaspegeln 1200年代からは、地球の形を言及し、教育は、彼が自由にぶら下がってりんごと地球を考えるべきで読者に説明する草の根出版物です。あなたなら、昼と夜、そして赤道の周りの北欧諸国と諸国間の気候の違いを説明したように、リンゴの周りに光のために。

一般的に、スウェーデンの最初の著者として呼ばペトルス・デ・ダチアは、ゴットランド島からドミニカの僧侶でした。彼の文章で明らかに地球ボール形状です。

ドームしかし、誰宇宙

プラット信者たちは地球は平らな円形ディスクであり、このディスクはドームであると言います。このドームでは、太陽は星と月取り付けられているが、これは神を減少させることです。この信仰によって、神は宇宙を作成していないが、彼は上のドームといくつかの星、太陽と月と土壌を作成しました。空間には何もありません。

小さな神様、私は信じていません。彼らは神が低下しています。私は宇宙全体を作成し、大きな強力な神を信じています。

これは私が最初に神の愛の話を聞いたとき、私が保存されてしまった理由の一つでした。私は、神が存在するならば、彼はすべてこの大きなを作成していなければならないことを考えました。したがって、宇宙、地球、すべて。そして、すべてこの偉大な神は私を愛しています。

宇宙は神の言葉によって作成されました

神は星と月と太陽のドームを持つ平坦なディスクを作成していることを信じることは本当に私たちの大いなる神を減らすことにある取り付けられています。私の神は、彼は彼の言葉に全宇宙と地球を作成したことをとてもパワフルでとても素晴らしいです!

ヘブル13:第3回 「信仰によって、私たちはそれを理解して宇宙は神の言葉によって作成された、私たちが見ることができるものから作られていない見えるように、。」

フラット地球の支持者は、宇宙の存在を否定します。しかし、ここで宇宙は神の言葉によって作成されたことは明らかです。宇宙は疑いを超えて存在する - 聖書はそう言います。

信仰によって、私たちは理解して

あなたは今、それが困難な神が全体の広大な宇宙を作成したことを理解することが判明した場合、あなたは私たちが詩に読み何をすべき:

ヘブル13:第3回 信仰によって、私たちは理解して宇宙は神の言葉によって作成されたこと...」

私たちはしなければならないと信じてそして、信仰によって理解  宇宙は神の言葉によって作成されたことを私たちに。信仰を:あなたが理解したい場合は!信仰によって、あなたは理解しています。しかし、あなたはかつての信仰を理解することはできません。信仰は常に元になります。理解は後に来ます。信仰によって、あなたは理解するだろう。

私の大きな驚きへ

それは私が地球は平らであることを信じる人々があるというのが私の驚きに発見されたという2017年でした。それを信じるキリスト教徒でない人があり、そして私のさらに驚きに、それを信じるクリスチャンがあります!

彼らはそれが地球が丸いことだろうと私たちの当局の陰謀嘘であると主張しています。彼らはすべての回では、人々は地球が丸いことを信じているという事実を無視します。でも、聖書は、丸い地球のことを話します。

フラット地球は丸いです

あなたは創世記聖書の創造物語は丸い地球を記述していることをご存知でしたか?私たちは聖書のbokstsavligtを読めば、私たちはそれが丸いラウンド土、丸い太陽、ラウンド月と星を記述していることがわかります。 

平らな大地を信じ、またそれを伝播する人があることが危険なフラットな地球の教義についての私の記事の後に反応している人があります。彼らはそれが非常に奇妙見つけます。私はこの出くわした前に、私は地球は平らだと思った人ので、非常に多くのがあったとは思いませんでした。

会いました 

クリスチャンの友人は彼が私のブログサイトでこれについて読んでいたとき、それは奇妙だと思ったが、その後、彼は2枚が地球は平らであることを確信した自分自身を発見しました。

昔、私はアメリカのグループは、地球がplatt.Deたちはだまされていることを完全に自信を持っており、それは歴史の最大の嘘と地球が丸いだろう陰謀であるということであると言った程度だった一般的なスウェーデンのテレビでテレビ番組を見ました。彼らは地球が平らである引数に主張してきたので、それはまた、彼らと議論することはできません。あなたは、彼らはちょうど言って、それをオフに振って絵があるポイント:「!彼らは写真が急増しています」

聖書のテキストを歪めます

はい地球は平らであることをしっかりと確信しているにもキリスト教徒があります。そして、彼らは聖書を参照するとき。フラットな地球を確信しているイスラム教やニューエイジなど他の宗教を公言他のフラット地球の信者があります。フラットな地球の信者がekumenikerあるように、彼らはフラットな地球について同意することができるようです。

しかし、クリスチャンは地球は平らで、その後、彼はかなり聖書のテキストを歪曲し、コンテキストからそれを奪う必要があることを意味するために聖書を持っているため。それが本当にあるとして、聖書を読むには、聖書は地球が丸いことを教示していることを明確に参照してください!

実際、あなたも地球が丸いことを証明助けるために科学を必要はありません。あなたは唯一の真のされている古くから聖書を読む必要があり、それが今本当です。

創造 

聖書は創造について言っていることを見てみましょう。神は初めに地球を作成しました。この彼は最初の日に行きました。4日後、神は、太陽、月や星を作成しました。それは偉大なライトでした。聖書には、太陽は月よりも大きかったと述べています。彼らは同じ大きさではなかったです。

フラットな地球の信者は、太陽と月が等しく、地球から同じ距離を持っていることを言います。これは聖書と一致していません。聖書は、月が太陽よりも小さくなっていることを言います。そこで、彼らは同じではありません。

太陽と月が同じであることを言う人は、神の言葉に対して話します。したがって、聖書に科学の権利を与える、と私はそれについて考えるときの方法で、あなただけの彼らは、異なるサイズのものであり、これらの天体が異なっていることを確認するために空を見上げなければなりません。

これらの偽教師はまた、太陽と月が同じものであると言います。彼らは光と同じ種類です。これは、月の光が少し弱い輝くばかりということです。彼らは、月が太陽と同じように燃えオーブであると言うことを意味します。はい、本当に燃えるボール。彼らは地上にスポットライト電球の光があることを主張して、彼らは太陽が地球を照らす光の一種であると言います。

私たちは、太陽を見上げていると、私たちは燃えるボールがあることを見てきました。また、燃焼オーブだろう月は、どのように月とそのクレーターの同じ絵は年後に同じ年になることができますか?なぜ月の月の風景が燃える地獄で構成変更しませんか?これらは、それは月が地球に向けて太陽の光を反映していることを嘘であることを意味します。

このビューを取得するには、聖書の言葉をスクランブルするために持っている、そしてそれは、彼らが神が等しい二つの光を作成したと主張することで、このビューを強制しようとしているとき、彼らはまさにです。言い換えれば、月の光は太陽と同じになるように、しかし、あなたが意識し、神の言葉を歪めると勘違いする必要が一緒にこれを持参すること。

神は光の同じようなものだ、同じことを意味するものではありませんライトについて言うとき。彼は太陽が高く、月は聖書のテキストが小さいと言います。だから、光の2種類です。

また、聖書は科学論文ではありません。あなたが考えると救いは、イエス・キリスト、神の御子ている方法を見つけるために聖書が書かれています。聖書はそこに予約した理由です。科学的な論文を与えるために書かれていません。しかし、科学的発見とライン。二人はお互いに話すことができません。

異端 

太陽は一日支配うと月は夜支配う。ここでも、あなたは地球が丸いことがわかります。それ以外の場合は、昼と夜ではないでしょう。それはどんな面白いビジネスを取得したことがないときは、そのまま私たちは聖書を読んでいる場合。私たちは心と人間の思考を置くために始めたときしかし、それはクレイジーになり、私たちは全く間違っを得ることができます。それは我々が多くの例を見てきた異端一切、につながることができます。

フラット地球のヒステリーは、他の異端につながります。彼らは、ユダヤ人が世界のすべての悪の背後にいると信じています。私は、信者は、彼らがユダヤ人だったので、600万人のユダヤ人が、単純に殺害されたホロコースト、第二次世界大戦中のユダヤ人の大量虐殺、信じていないフラットな地球に来ています。

代わりに、彼らはこれは彼らがイスラエルの土地に戻ることができるようにので、共感を得るために、ユダヤ人自身が作成した嘘であると信じています。彼らはそれがイスラエルの土地の背後にある神であるとは考えていないようであってもそれがあります。

彼らはそれが悪魔であると信じ、神が代わりに1948年にイスラエルのユダヤ人を与えたとは考えていません。あなたは、につながることができ作るフラット地球の信念に気づくのですか? - さらに嘘と欺瞞! 

地球、太陽、月、星

今度は背中神の言葉が言うに行きましょう。平らな大地を信じる人々は、地球がダウンしている平らな円形ディスクであることを意味します。彼らはまた、太陽が平らな円形ディスクと同様に月であることを言います。しかし、これはアウト見つけることは簡単ではありません。それはちょうど太陽と月から空を見上げますと、あなたは彼らが丸いボールであることがわかります。

あなたは太陽を見たときに今、注意してください。太陽を見るために危険なことができます。あなたは盲目になることができます。そのため、あなたは太陽を見るとき、あなたの目のための偉大な保護を持っている必要があります。

太陽と月が丸いため、それも当然のことながら、地球のラウンドです。神は彼がさまざまな方法で作成するので、アンビバレントなことでしたか?もちろんそうではありません!地球と太陽と月がラウンドを作成しています。神は離れて彼の創造原理から歩いていません。彼は、地球、太陽、月や星を作成したのと同じ原理を使用しています。 

私たちは、フラットな地球を一緒に持って来るために創造の神の秩序に反するしなければなりません。したがって、我々は、ストーリーと創造の物語について書かれているもの、神の言葉に反する必要があります。

回を境域 

太陽と月は回を境域だろうが、地球が丸い場合はこれらの時間にのみ押収することができます。そうでなければ、仕事に年表ではありません。地球が丸いた場合は日と月が出て数えれることはありませんでした。

ここでも、聖書は丸い地球を説明し、この創造で今見ます。そこ丸い地球についての聖書の他の場所がありますが、ここでも聖書の最初の刃でラウンドラウンド地球と他には何を説明しました。それは丸い月を説明し、また、丸い星に記載されているように、それは丸い地球を記述する。ポイント!

月は月が常にラウンドではないことを知っているのは興味深いのですか?時にはそれはちょうど三日月です。時にはそれだけで小さな三日月だし、時にはすべての異なる時間に月を見ることができません。地球が月の円形の色合いからです。地球が丸いされていた場合は、このような影を取得することは不可能であろう。

平らな地面を上げるために、あなたはあなたの心に反するしなければなりません。あなたは、あなたの目が見ると現実を否定するものに対して行かなければなりません。あなたは間違ってないので、現実には信念とは、あなたが見るものと信じています。

私たちは今、聖書の創造を見て、神が丸いラウンド土、丸い太陽、ラウンド月と星を作成したと結論付けたことがあります。神は聖書の中でも、他の場所に丸い地球のことを話します。

大空上記水

私たちはこの記事を終える前に、私はハイライトを農業フラットな地球支持者への重要な点を言及する必要があります。彼らは平らな地面の上に、それはドームであると言います。ドームは空で、彼らが言うと、ドームの上に水がたくさんあります。

これはどのように狂気いつでも聞こえるかもしれませんが、事実は、あなたが実際にそれに経典を見つけることができるということです。神が水の真っ只中に大空を作成し、ボールトの下ボールトと水の上に水を分離することを書かれています。ここでは、フラット地球は引数を信者。そして、彼らは、彼らは本当に良いの引数を見つけたと思います。そして、あなたが神の言葉聖書の貧弱な知識を持っている場合は反証することは困難です。これは、水が大空の上にあることを聖書のテキストに実際にあります。

しかし、我々はそこには水がないことを今日知っています。彼らは1969年から1972年に月に行ったとき、私たちは、彼らが大空上記水の海を経てそのことについては何も語られていません。もちろん、理由は全く水が存在しないことです。聖書は、物事が実際にどのように非常に単純な方法で説明しています。したがって、我々は常に聖書をお読みください。その後、我々は答えを得ます。

神が地球を作成したとき、それは本当に空の周りの水でした。何か他のものは、私たちは聖書のテキストを理解することはできません。それはそうだったが、私たちは水が存在し、今日ではないことを知っているので、何かが消失に起こっている必要があります。これが発生した場合、いつ水が消えましたか?それはどのように起こるのですか?聖書は素晴らしいレスポンスとなっています。

ノアと洪水 

人々が罪に住んでいた、そして地球が暴力と邪悪に満ちていました。神は水に浸すことによって、地球上のすべての生命を破壊することを決めたとき。しかし、神は突然死を望んで血に飢えた神ではありません。いいえ、彼は救出と救いたい愛の神です。そのため、彼は義ノアと彼の家族を救うために望んでいました。

これは彼が箱舟、巨大な船を構築し、ことによって行われます。彼らは地球のすべての動物の2組をもたらすだろう、とそう救われます。ノアは箱舟を建て、そして洪水が来ました。箱舟にいなかったすべての生命、ヒトおよび動物の両方が、洪水が来たときに殺され、死んだ、溺死しました。

洪水が来たとき、これは非常に迅速に行われていました。素早く水で地球を満たしました。地球は水の惑星でした。どのように地球が完全に水で満たされるだろうか?どのようにそれが起こったとどのようにそれはとても速く行きましたか?

聖書は、神が天と深いソースのウィンドウを開いたと言います。その後大空の上、天の上に水がありました。それは我々が話をしている水です。水が噴出地上に降りできるように、神が天の窓を開けました。彼は単に天国の貯水池を排出しました。彼は天国の水タンクを排水しました。空の上であり、深い源からの水で水で土を充填した水。私たちは大空の上に今日のいずれかの水が表示されていない理由です。

聖書は常に与えるために答えを持っています。聖書はあなたに健康的な信仰を与えます。あなたはそれを読んでください、あなたは間違っているではありません。


Publicerades onsdag, 16 oktober 2019 23:49:59 +0200 i kategorin och i ämnena:


16 kommentarer


x
Sandra
torsdag, 17 oktober 2019 12:57

Ursäkta Christer en liten rättelse. När månförmörkelse sker skuggar jorden månen som då är full för att en månförmörkelse ska kunna inträffa. Den är full eftersom solen står i position så att hela månen lyses upp, nämligen nästan bakom jorden! När solen sedan står precis bakom jorden i förhållande till månen inträffar förmörkelsen.

Men när månen är halv och en skärva och inte månförmörkelse sker beror det på att solen lyser på en del av månen som vi inte ser. Jorden skuggar bara månen vid månförmörkelse. Det där kan du nog egentligen. Det blev bara lite tokigt! 😊

Svara

x
Sven Thomsson
torsdag, 17 oktober 2019 13:04

Tack, Christer för detta ditt klargörande.
Det är ofattbart att kristna människor tror att jorden är platt. Det är ju som du skriver, att man behöver bara läsa Bibeln för att få klarhet över att den är rund. Hoppas många läser och tar till sig din undervisning om detta, som borde vara självklart för alla troende.

Men varför har du inte publicerat mitt läsarmejl med titeln "Att födas in i Guds rike"? Var det villfarelse jag skrev - eller?
Önskar dig Guds rika välsignelse.

Svara

x
Christer Åberg svarar Sven Thomsson
torsdag, 17 oktober 2019 13:28

Den försvann bland mejlen och så glömde jag bort den, men nu har jag hittat den igen. Publiceras under dagen.

Svara

x
Emma
torsdag, 17 oktober 2019 14:41

Lars Bråmå, att säga att de som inte tror som dig i denna fråga, att de är bakom och utan förstånd, är mycket starka, och inte kristliga ord. Jag vet en som sa att vi inte skulle kalla någon broder (medtroende) för "du dåre".

Svara

x
Sven Thomsson svarar Christer Åberg
torsdag, 17 oktober 2019 15:37

Tack så mycket!

Svara

x
AnnMarie svarar Emma
torsdag, 17 oktober 2019 19:58

Nej vi bör inte kalla någon troende dåre.Inte någon icketroende heller.
(Men vi vet att Jesus ibland kallade skriftlärda och fariseer för ett och annat)

Svara

x
Suse
torsdag, 17 oktober 2019 20:58

https://samnytt.se/statstelevisionen-i-attack-mot-5g-motstandarna-kopplar-dem-till-rysk-konspiration/

Svara

x
Stefan Jonasson
fredag, 18 oktober 2019 00:30

Dårarna säger i sina hjärtan det finns ingen GUD ps 53.. Tala inte för en dåres öron han föraktar dina kloka ord ordspråksboken 23:9.. En dåre lyssnar inte vad man än säger.. Så visst finns det dårar.. Men det behövs stor vishet att vara troende bland människor som redan bestämt sig för att inte tro... Man bör inte smäda någon. Skaka av stoftet från skorna och gå bort från dom.. Gå till dom som vill lyssna

Svara

x
Leif svarar
lördag, 19 oktober 2019 09:37

Jag tror heller inte på all vetenskap, dvs den som går emot Guds Ord!

Universum behöver dock inte alls vara en dålig översättning som du påstår Steven! Det grekiska ord som är översatt är "aion" vilket egentligen kanske mer betyder att Gud har skapat evighetens värld, men även Strongs lexikon innehåller tolkningsmöjligheten "världar eller universum", vilket då mest talar om allt synligt skapat som en gång framöver skall försvinna.

Sammanfattningsvis tror jag därför att det mest riktiga budskapet med (Heb 11:3) är att Gud med Sitt blotta Ord har skapat alla världar, både den andliga och osynliga med änglaskaror och andevärlden men, alltså också den synliga, dvs hela universum, rymden, alla stjärnor och planeter inkluderat jorden och allt därpå. Allt är skapat genom Guds Ord!

Det jag menar är att det känns ganska oväsentligt och felaktigt i mina ögon att klaga på översättningarna i just detta fall.

Men skulle man finna ett bättre ord att tolka om "Aion" till än världar och universum, så kunde det kanske för enkelhets skull översatts till (Absolut allting!)

Svara

x
Leif svarar
lördag, 19 oktober 2019 09:57

Sen står det väl inte så oerhört mycket i Bibeln om att jorden skulle vara platt eller stå still, eller gör det det?
Jag har då i alla fall aldrig sett något Bibelställe som ens skulle vara en liten gnutta åt det hållet. Visst kan man tolka om väldigt mycket med illvilja men inte med ärligt uppsåt. Man kan läsa Bibeln med mörka glasögon likt det när Jesus Fridsfursten säger att Han inte kommit för att skapa fred.

:Tro inte att jag har kommit för att skapa fred på jorden. Jag har inte kommit för att sända fred, utan svärd: (Matt 10:34)

De med mörka glasögon förstår inte vad Jesus andligen säger, och menar omedelbart, DÄR SER MAN, DE KRISTNA VILL BARA STRIDA OCH BRÅKA, OCH SÅ SNACKAR DE OM KÄRLEK, JO JAG TACKAR JAG, FULLA MED DUBBELMORAL!

Jag förstår egentligen inte alls ditt problem med att jorden skulle snurra?
Det är ju åtminstone något som snurrar hela tiden eftersom Månen dagligen och nattligen kommer och går i samma bana år ut och år in. Samma sak med Solen! Varje morgon ser vi Solen stiga upp samtidigt som Månen försvinner osv.

Svara

x
Stefan Jonasson
lördag, 19 oktober 2019 10:06

Gud skapade kosmos står det... Kosmos solen planeterna stjärnorna galaxer världs altet.. Astronomi är en intressant vetenskap den visar bara på GUDS storhet beroende på hur man tolkar den.

Svara

x
Steven
lördag, 19 oktober 2019 11:40

Rannsaka dig själv!

Svara

x
Sven Thomsson
lördag, 19 oktober 2019 12:17

Jorden snurrar därför att Herren har satt den i rotation. Den snurrar, för det finns inget som stoppar rotationen. Försök att stoppa något som Herren har bestämt att vara i rörelse.

Man kan inte heller öppna där Herren har stängt, eller stänga där han har öppnat. När arken med Noa och hans familj landat på berget Ararat och de skulle gå ut ur arken, kunde Noa inte öppna dörren på den, för "Gud hade stängt igen om honom". Noa måste ta av talet för att han och hans anhöriga skulle kunna komma ut (1 Mos. 8:13).

Svara

x
Leif
lördag, 19 oktober 2019 16:52

Det räcker med att titta på Månens alla olika ljuslägen några ggr så kan man förstå att åtminstone Månen och Jorden är runda och snurrar... Det behöver man inte vara en vetenskapsman eller astrolog för att begripa 👌

Svara

x
Emma svarar
söndag, 20 oktober 2019 23:08

Lars Bråmå
Vill bara säga att jag själv sagt sånt som inte heller är överdrivet kristligt sagt... Så du nu inte tror att jag själv tycker mig vara så from, för det är jag sannerligen inte! Gud vet detta. Utan Jesu Kristi blod så vore det fullständigt ute med varenda en av oss.


Svara

x
Benjamin Antell svarar Leif
måndag, 21 oktober 2019 15:28

Man ser rörelsen tydligt när man fotograferar på natten och exponerar på lite längre tid, stjärnorna bildar kurvade linjer då.

Svara

Första gången du skriver måste ditt namn och mejl godkännas.


Kom ihåg mig?

Din kommentar kan deletas om den inte passar in på Apg29 vilket sidans grundare har ensam rätt att besluta om och som inte kan ifrågasättas. Exempelvis blir trollande, hat, förlöjligande, villoläror, pseudodebatt och olagligheter deletade och skribenten kan bli satt i modereringskön. Hittar du kommentarer som inte passar in – kontakta då Apg29.

Nyhetsbrevet - prenumerera gratis!


Senaste bönämnet på Bönesidan

måndag 9 december 2019 13:45
Bed för en man som verkligen sitter i en mycket svår situation han vill ta sig ur. Hot och bråk finns med i bilden från den andra. Gud kom och gör ett mirakel i den här situationen, visa din storhet.

Senaste kommentarer


Aktuella artiklar



Stöd Apg29:

Kontakt:

MediaCreeper Creeper

↑ Upp